MENU

英語は少し不安だけど海外で働くにはどうすればいいの?

海外勤務の求人に強い転職エージェントを探しましょう。

 

英文レジュメや英語の面接など英語能力も問われることが多い中で、自分一人での転職は難しいですよね。転職エージェントの海外求人に強いアドバイザーより適切なアドバイスをもらうことで、より効果的な転職活動をすることができます。

 

海外求人に強いエージェントを選ぶときのポイントは3つです!
ここさえ押さえておけば、間違った転職エージェントを選ぶことはありません。

 

 

大手の転職エージェント

海外求人に求人を出す企業の多くは規模も大きいため、そういった企業との信頼関係が築けている大手の転職エージェントを選びましょう。

 

求人数が多い

求人数が多いことで、希望の求人が見つかる可能性が増えます。多くの求人から自分に合った企業を選ぶことができます。

 

海外転職に強い転職エージェントを選ぶ

海外で働きたいなら海外求人の多さと英文レジュメの添削などの強いアドバイザーが在籍しているエージェントを選びます。

 

 

以下に大手の海外求人に強い転職エージェントを比べてみました!

エージェント

リクルートエージェント

Adecco JAC Recruitment

公開求人数

2万件 1.5万件 0.8万件

非公開求人

12万件 7.5万件 1.2万件

転職実績

約35万人
(2014年度実績)
非公開 非公開

外資系分野

詳細


>>詳細はこちら

adeccotop
>>詳細はこちら


>>詳細はこちら

海外で働きたいならリクルートエージェント!

 

リクルートエージェントは求人数、実績数がNo.1の転職エージェントです。
海外で働きたい場合は海外勤務の可能性の高い外資系企業や海外進出している日系企業で働く必要があります。海外勤務希望の方は、外資系企業の他に日系企業から海外で働くのがおすすめです。リクルートエージェントは実績から外資系企業、日系企業の多くの企業としっかりとしたパイプを築いています。
でも、海外勤務や外資系に強いエージェントなら他のエージェントの方が強いイメージがありますよね?
リクルートエージェントは総合的な転職エージェントなので、そのようなイメージがありますが、海外求人に関しても業界トップクラスです。
しかも、英語に少し不安があったりする場合でも、リクルートエージェントなら安心です。英文レジュメの添削や面接対策など、海外で働きたい人が少しでも自分の強味を企業へ伝えるためのサービスが充実しています。

 

また、グローバル専門のアドバイザーが担当となるため、、しっかりとしたコミュニケーションを踏まえた上で転職するので、海外で英語を活かした活躍ができ、プライベートも充実できる転職が可能となります。

 

2016年4月現在、海外の公開求人数においてもリクルートエージェントは400件、JACは200件、アデコ160件と最も多いです。海外で働く転職をしたい時には、登録必須の転職エージェントです。

 

リクルートエージェントはこちら